結婚の由来って?

みんさんは、結婚の由来ってご存知ですか? 結婚する時に、結婚式を挙げるのが今や常識的な事です。
そこで、基礎である「結婚」の由来に関して、少し挙げてみたいと思いますね。
結婚は、大昔からある事なので正確な事は分かりません。
ご自分の娘を結婚させる代わりに、花婿さん側の財産を貰えうイメージで捉えてもらえれば良いでしょう。
大体は、花婿さんのご自宅で行われて、結納金が花婿さんから花嫁さん側に手渡される形になりますので、昔の意味が引きずられての事だと思うのです。
また、昔は父親が絶対権力と言うご家庭が多かったのですが、娘は父親の所有物と言う感覚でした。
その為、父親から花婿さんにその所有物が譲渡されると言う意味ももっていたのです。
これが、今で言えばバージンロードで花嫁さんと花嫁さんのお父さんが一緒に歩いてきて、花婿さんにバトンタッチする演出にあたるのですが、この事が由来しているのだでしょう。
そして「新婚初夜」と言うのも由来があって、昔は結婚の重要な儀式として肉体的に結ばれる「床入り」と言う物があったそうですよ。
これも「子孫繁栄」と言う意味合いを持ってこその行事だったのですね。
昔は、結婚は生きていく事と大きく結びついた意味合いを持っていたのもあって、大切な儀式だったのですね。